--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/26(月) 05:11:16 [ケンブリッジ]

queue.jpg
律儀なイギリス人はパブ以外はどこででも列(queue)を作ると言われます

昨日のクリスマスイブは、キングスカレッジのチャペルへクリスマスキャロルを聴きに行きました。イギリス人の同級生Steveから、「この行事はワールドフェイマスだから行ってみたら」と言われていたので、怠け者の私も朝8:30に列に加わりました。すずの狂犬病予防のために獣医に行っていた妻も途中で加わり、ようやくチャペルに入れたのは午後2時を過ぎていました。

金色の大きな十字架を先頭に掲げた聖歌隊が入ってきた時こそ、田舎者の私としては違和感を感じましたが、クワイヤーの歌やパイプオルガンの音は美しいものでした。こういうのって敬虔なクリスチャンには心の奥深くまで感じるものがあるんでしょうね。キリスト教の精神性を共有していない私には想像もできませんが。

さて、今日は朝からラジオで、昨日キングスで聴いたのと同じキャロルが流れっぱなしでした。歌好きの妻はラジオに合わせて歌ってました。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
カレッジについて カレッジカレッジ(英字 college)とは、元々「仲間(colleague)」の集まりを意味し、現在の日本では「大学」の意味で用いられることが多い。西欧におけるカレッジ西欧において、カレッジは様々な意味で用いられている。典型的には「学校」の意味で用いられることが多いが
カレッジカレッジ(''college'')短期大学、単科大学や専門学校。学寮。本稿で記述。----カレッジは、「学寮」とも訳される。教師と学生が寝食を共にし、同じ建物に住み、共に学ぶという修道院形式が基本である。その意味でアメリカにおけるカレッジシステムとも、異なってい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。