--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/05(月) 06:26:50 [MBA・勉強]

先週の金曜日で今学期(Michaelmas Term)の授業がすべて終了しました。今週はプレゼンやレポートの作成をして、来週初めから1ヶ月間の休みに入ります。うれしい限りです。

さて各授業の最終講義の最後は、講師が締めの言葉をしゃべってから学生が拍手で答えるというのがパターンになっているようなのですが、この拍手の大きさ、長さで学生の講義に対する評価がわかります。私が持った印象では、Organisational Behaviour(組織論)の時の拍手が最も大きく長かったように思います。授業は良く整理されていたし、熱意とユーモアセンスのある良い講師でした。

あと、学生が講師を評価する制度やプログラムの責任者が学生の意見を聞くフィードバックセッションなど、プログラム改善のための取り組みもなされています。ケンブリッジMBAについて私は大筋で満足していますが、受付の態度や一部講師の教授法について改善の余地があるのではないかとも思います。不思議なもので、学生に対しては、例えば、組織や顧客満足度、モチベーションを教えながら、その一方で学校組織は必ずしも最適化がなされていません。年初めに出願活動をしている最中に持った印象では、他のビジネススクールに関しても同じことが言えるのではないかと思います。やはり組織作りは難しいということでしょうか。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
HRM/Human Resource Management HRM(人材管理論)は、MBAが始まる前から楽しみにしていた授業です。先週Organizational Behaviourの授業が終わりましたが、個人的に質問していた部分について、今日講師のPhilipと話し合いました。僕の見てきた典型的なSeniority-based system(年功序列型)制度の現状や問
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。