--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/11/29(火) 08:29:12 [未分類]

o-sp-051128-0701.jpg
歓喜と敗北感が隣り合わせになる瞬間

アメフト関西学生リーグで立命館大学パンサーズが4連覇を達成した。昨年に引き続き関西学院ファイターズとの接戦をモノにしての優勝である。今年は残り17秒でタッチダウンを奪われて17-15になった後の2点コンバージョンをゴール1ヤード手前で阻止しての勝利。ニュースの文面を読んだだけでも現場の感動が伝わってくるような劇的な幕切れだ(私の涙腺はスポーツものに弱い)。

プロの試合も面白いですが、私はアマチュア、特にカレッジスポーツが好きです。大学時代もアメフトを観る時は、NFLよりもカレッジフットボールを好んで観てました。学生の一期一会的な雰囲気がいいんですかね? さて来週はロンドンでラグビーのVarsity Match(ケンブリッジ-オックスフォード)があります。同級生達と観戦に行く計画をたててます。それまでにECP(コンサルティングプロジェクト)のプレゼン準備を終わらせんといけません。
スポンサーサイト

Comment


そうなんだよね!フットボールは私ももっぱらカレッジ派。プロもいいんだけど、盛り上がりの種類が違うのよね。
観戦の数をこなしたおかげで、10数年前よりも、試合自体を楽しめるようになりましたよ。こんなに面白いスポーツだったのかと今さらながら感動。自分でプレイできた人たちがうらやましいです。

そんなにアメフト観に行ってたんですか。ちゃんと勉強してました?私も人に偉そうな事を言えた柄ではないですが。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。