--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/10/21(金) 07:18:51 [ケンブリッジ]

レンライブラリー
ぷーさんの実家? トリニティーカレッジのレンライブラリー

私達が住んでいるケンブリッジの町と歴史について少し書いてみます。
ケンブリッジは歴史ある大学の町としてあまりに有名です。ロンドンの北80kmに位置するケンブリッジは、古い町並みと緑が調和した美しい町で、町の中心を流れるケム川が町をさらに魅力あるものにしています。12万人の住民のうち約1万5千人が学生です。

もともとは13世紀初頭にオックスフォードで学究生活を送っていたケンブリッジ出身の学者達が、住民と大学との度重なる衝突(Town and Gown Dispute)に嫌気をさして故郷ケンブリッジに帰郷したのが大学の起源だと言われています。ただしケンブリッジの町は大学の設立よりずっと以前にローマ人によって建設されており、交通の要所として栄えていたようです。昔の日本の川と同じくケム川も舟運が盛んで、水路と陸路の交差点に位置するケンブリッジは大陸との貿易中継地として繁栄していました。これは鉄道網が整備され始めた19世紀まで続いたようです。この間、ケンブリッジは支配者をローマ人、アングロ=サクソン人、デンマーク人、ノルマン人と変えながらも発展を続けています。

一方の大学も1284年に最初のカレッジがイーリー司教によって創られて以降、司教や王室などにより次々とカレッジが創られ、現在では31に落ち着いています。その800年の歴史のなかで、ケンブリッジ大学は60人を超えるノーベル賞受賞者をはじめ多くの人材を輩出し続けており、おそらく社会の発展に最も貢献した大学と言えるのではないかと思います。引力発見のニュートン、進化論のダーウィン、経済学のケインズ、DNA二重らせん構造発見のワトソンとクリック、くまのぷーさんのミルンなどなど数えればきりがありません。

ちなみに大学は最近まで完全に男性社会であり、女性が初めて入学が認められたのが第2次大戦後まもなくのこと、超Conservativeなモードリンカレッジに至っては、1988年になって初めて女子学生を受け入れたそうです。またここでは科学、哲学、歴史学などの純粋学問が重視されてきたのに対し、お金もうけに対する嫌悪感からか経営学などの実学に対する取り組みはまだ日が浅く、Judge Business Schoolが1990年代に入って初めて創立されたのも例外ではないように思います。

次回はその遅れを取り戻してあまりある、現在のケンブリッジのビジネス環境について書いてみます。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。