--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/07/07(金) 14:55:26 [旅行]

旅行初日はベニス。

ベニスへは、ロンドン・スタンステッド空港からRyanairで飛びました。到着はトレビソ空港、ベニスまではバスで1時間ほどでした。

ベニスに着いて、まずはホテルへ行くのにバスのチケットを購入。言われた通りに建物裏の乗り場に行ったら、そこはボートの発着場でした。ベニスの島内ではバスもタクシーもボートのようです。建設資材もボートで運搬してました。その後、私達もボートに乗って運河沿いの街並みを見たり、サンマルコ広場や本家「溜め息の橋」などを観光しました。

IMG_4785.jpg
きれいな街でした

ベニスで印象に残ったことは、

■路地
水の都ベニス、大小の運河が町中に発達しているのはもちろんのことですが、通りも同じです。大通りを少し外れると狭い路地が入り組んでいて、何度も迷ってしまいました。これまでどこに行っても、地図を見ながらしばらく歩くと方向感覚がつかめたもんですが、今回は違いました。

■マスク屋
やたらとマスク屋(っていうんですか?)があって、仮面の大産地の様相を呈していました。仮面舞踏会が盛んという訳でもないでしょうが。

■ゲットー
ホテルの近くにGhettoという場所がありました。昔ここはゲットーだったんだろうなと思って通り過ぎていたのですが(ゲットーというのはユダヤ人弾圧時の強制居住区のこと)、ユダヤ人強制居住区になったから地名がGhettoになったのではなく、ここの地名Ghettoがゲットーの由来なのだそうです。

暑い中を歩きつかれてぐっすり寝た翌朝は、鉄道でアペニン山脈を越えて、ローマに向かいました。
スポンサーサイト

Comment

マスクについて
06-07の谷内です。ってコメント遅いですが、ベニスは私も4月に行きましたが、マスクは2月に行われるカーニバル(=仮装大会)用と観光用にあるのですよ。
って、私も2月に言ったわけではありませんが、HP等で見たところ街中があのような仮面・仮装をした人で溢れかえる異常な状態になるそうです。

そうか、仮装大会があるんですね。しかも11世紀からみたいですね。マスクとゴンドラの組み合わせで、オペラ座の怪人と何か関係があるのでは、と一瞬思ったのですが、違ったみたいです。パリが舞台ですもんね。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。