--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/26(月) 22:14:53 [イギリス]

イギリスの鉄道が、上下分離方式(車両運行会社と線路所有会社が別)を採用している事は知っていたのですが、先日たまたまJRの方から聞いた話によると、車両自体も運行会社の保有ではなく、リース会社からのリースなんだそうです。

これが何を意味しているかというと、運行会社は線路や車両を所有する必要がないため、新規事業者の参入が容易になり、競争が促進されて、サービスが向上し、利用者の便益につながる訳です。さすがイギリス、こういった所にも市場原理を働かせています。

と言いたい所ですが、実際のサービスは良くありません。朝早い電車が運転手が来ないとかでキャンセルになったり、駅員がダイヤを良く把握してなかったり・・・ 問題は市場原理とかそういったこと以外の所、例えば現場レベルの労働力の質なんかにありそうな気がします。

車両運行と保線が別管理だったり、駅によって運行会社がばらばらだったりで、他の会社とのコーディネーションがうまくできるとは思えません。理論はOK、実務は駄目といったといった所でしょうか。

しかも鉄道運賃は非常に高いです。ぶつ切り管理のせいで取引コストは高いことが予想されますし、車両リース会社のリターンは30%程度もあるそうです。ちなみに、このリース会社は大手銀行の子会社がほとんど。つまり、お金はシティに流れるような仕組みになっているようです。

なんか歪んでますね。高い運賃を払うのは馬鹿らしくなってきました。

IMG_4714.jpg
視認性向上のため、イギリスの電車の顔は必ず黄色いそうです
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
---上下分離方式---とは 上下分離方式上下分離方式(じょうげぶんりほうしき)とは、鉄道・道路・空港などの経営において、沿線地方公共団体|自治体などが土地や施設などの資産(下)を保有し、それを民間会社や第三セクターが借り受けるなどして運行・運営(上)のみを行う営業形態のこと。特に鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。