--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/07(水) 06:54:48 [プロジェクト]

先日通った英仏海峡トンネル(ユーロトンネル)の話です。

前にも書いた、英仏海峡トンネルのオペレーターであるEurotunnelが借金まみれになっている件ですが、銀行団が債権放棄などからなるプランに応じることで話が大詰めに来ているようです。

Eurotunnel Debt Deal Moves Closer (BBC)
Eurotunnel in Debt Reduction Deal (BBC)

建設段階からトタブったEurotunnelの借入れは62臆ポンド(約1兆2千億円)という莫大な額。

再建策のひとつとして、ゴールドマンサックスやマッコーリー(インフラ投資に強いオーストラリアの銀行)からなるコンソーシアムが転換社債発行による資金調達に参加するようです。

話は少し変わりますが、今回のゴールドマンサックス&マッコーリー、英BAA(空港オペレーター)に買収を持ちかけているスペインの建設会社Ferrovialなど、昨今イギリスではインフラアセットに対する投資欲が強いようです。現在建設中のChannel Tunnel Rail Link(イギリス初の高速軌道、ユーロスターのSt Pancras乗入れ)買収に関心を持っているグループについての記事も見ました。2012年のオリンピックまでは交通需要が堅調に推移するということなのでしょうか。

また話は変わりますが、ユーロトンネルをはじめ大型プロジェクトはなぜ失敗することが多いのか、について調べた人がいます。
0521009464[1].jpg

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。