--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/04(木) 08:47:21 [生活]

この前の日曜日に、スペインにいる大家から電話があって、「6月末あたりに家を出て行って欲しい」と言われました。

4月の初めに大家がこの家を売りに出して、4月の中頃には早々に買い手が。その時に電話した際は「賃貸契約が切れるまでは居ていい」と言っていたのですが、早く新居に入りたい買い手の意向が強く、こういうことになった訳です。

イギリスでは、賃貸契約が切れる前でも、1ヶ月前か2ヶ月前の通告で契約のターミネーションができるようです。何の為の契約なのでしょうか? 大家側のソリシター(弁護士)から正式なレターが届いたら、Citizens Advice Bureauに行って、借り手としてどんな補償を要求できるのかなど、聞いてみたいと思います。

大家側は、それなりに申し訳ないと思っているようで、できるだけのことはすると言っていました(本気かどうかは知りませんが)。スペイン・アンダルシアにある家が空くから、そこに住まないかと言われた時は、うかつにも心が動いてしまいました。

残り3ヶ月のために引越しをするのは面倒ですが、また新しい所に住めると思って家探しに励みます。7月からは論文を書くだけなので、どこか別の町に引っ越すというオプションもありますが、これからの数ヶ月はケンブリッジが一番美しい時期なので、たぶんここに残るんだろうと思います。犬連れ家探し再び、です。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。