--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/03/26(日) 02:57:48 [生活]

IMG_1800.jpg
ケンブリッジは偉大な田舎です

今日は家族でグランチェスターへ散歩に行ってきました。グランチェスターはケンブリッジの中心部から自転車で20分程度のところにある小さな町、いや村です。

ケム川沿いの道から見えるのは、ただただ広い野原。すずはうれしそうに駆け回っていました。

グランチェスターで有名なのは、オーキッドというカフェ。昔から多くの著名人が訪れたらしく、店のブックレットには、バートランド・ラッセル、ウィトゲンシュタイン、スティーブン・ホーキンス、ジェフリー・アーチャー、DNAのクリック&ワトソン、チャールズ皇太子から「悪魔の詩」のサルマン・ラシュディの名前までありました。

ケーキもスコーンもうまかった。暖かくなったらまた来ようと思います。

IMG_1813.jpg
すずも歴史に名を刻んだんだよね
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
悪魔の詩 悪魔の詩『悪魔の詩』(あくまのうた、原題:''The Satanic Verses'')は、1989年にイギリスの作家サルマン・ラシュディ|サルマーン・ルシュディーがムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ|ムハンマドの生涯を題材に書いた小説である。日本では、筑波大学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。