--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/08/06(日) 08:24:19 [旅行]

中欧旅行から戻りました。ロンドンからプラハに入って、鉄道でウィーン、ブダペストへ。三都市ともそれぞれに個性的な街で、ウィーンでは音楽と歴史を、プラハとブダペストでは河畔の歴史ある街並みを楽しみました。以下、三都市をごく簡単に。

[プラハ]
モルダウ川を抱く街。河畔の歴史あるこがわいい街並みで、プラハは今回の旅で私達が最も気に入った都市となりました。毎日、あちこちでコンサート、オペラ、人形劇が催されている文化の街でもあります。

IMG_6606.jpg
カレル橋のにぎわいと王宮

IMG_6654.jpg
レストランでアコーディオンに合わせて踊りだす客

[ウィーン]
かつての欧州政治の中心地のひとつ。シェーンブルン宮殿や王宮でハプスブルク家の歴史のお勉強をしました。またウィーンは音楽の都。旅行前日にYさんに教えてもらった楽友協会(Musikverein)でのコンサートに行ったほか、国立オペラ座を見学。

IMG_6727.jpg
楽友協会のGroßer Saal 金色に輝いています

IMG_6799.jpg
Hさんに教えてもらったレストランFiglmüllerのシュニッツェル 私の顔より大

[ブダペスト]
ドナウ川両岸のブダ、ペスト、オーブダが合併してできた都市。ドナウ沿いの景色の雄大さは、筆舌に尽くしがたいものが。プラハを女性的とすれば、ブダペストは男性的なイメージの街でしょうか。

IMG_6894.jpg
くさり橋と王宮

IMG_6969.jpg
M1ラインの駅 ロンドンに次いで世界で2番目に作られた地下鉄です

どこも肉料理中心の郷土料理はおいしかったですし、何よりビールが良かったです。しかも安い。ドイツワールドカップで話題になりましたが、バドワイザーの本家もチェコみたいですね。
スポンサーサイト

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。