--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/31(火) 02:39:11 [MBA・勉強]

ジャッジビジネススクール
がんばれジャッジ

恒例のFTグローバルMBAランキングが発表された。

ケンブリッジは35位。
ガックリです。

こういったランキングは何種類かあって、ケンブリッジが比較的上位にランキングされているものとしてはEconomist Intelligence Unitの20位というのがあります。

評価基準がはっきりしていない上に、ランキングの高い学校が必ずしも自分にあっている訳ではないので、ランキングの良し悪しについてはあんまり気にしていないつもりでした。少なくとも学校選びの段階では・・・

しか~し、

いったん学校に入ると帰属意識が芽生えるもので、自分の学校が周囲から高く評価されたいと思うようになりました。ケンブリッジMBAの評価が大学全体の評価(2位)に比べて随分低いのは気になりますし、ましてやオックスフォードに負けたりすると一丁前に悔しかったりもします。

これからの学校の評価は自分達に対する評価でもあります。社会に対してインパクトのある仕事ができれば、と偉そうにも思ったりします。
スポンサーサイト

2006/01/30(月) 10:46:01 [MBA・勉強]

ケンブリッジMBAでは在学中に3つのプロジェクトを行います。まずは先学期のECP(Entrepreneurship Consulting Project)、次が3月中旬からフルタイムでひと月かけて行うMCP(Major Consulting Project)、最後が6月中旬からのIP(Individual Project)です。IPは1年間の集大成で、Dessertation(卒業論文・研究)という位置づけです。私には関係ありませんが、これらのプロジェクトは就職の為の実績作り、コネ作りという意味で私費組には非常に重要なようです。

先日、このIPについて学校側の説明会があったのですが、ukdiaryさんと同じく論文のテーマと指導教官をそろそろ探し始めなければいけません。テーマについて幾つかアイデアはあるのですが、今のところ可能性を調べてみようと思っているのは「インフラプロジェクトにおけるリスク管理へのリアルオプションの適用」について???

これは、自分の関心のある分野=「BOTやPFIのプロジェクトにおけるリスク管理」と勉強したスキル=「スプレッドシート上でのモンテカルロシミュレーションやリアルオプションの計算手法」を組み合わせただけ、という極めて安易な発想の産物なので、このテーマを追う意味があるのか、時間的・技術的に何らかの結果を出せるのかなどについて詰めなければなりません。常識的には3ヶ月という期間ではかなり難しいような気がします。

あとは日系建設会社の海外展開戦略に関する調査・提案とか、ジョイントベンチャーにおける組織管理なんかもテーマとしては悪くないかもしれません。何をするにせよスコープをマネッジャブルなサイズに絞る必要があるとは思っています。

実務家の意見を聞くという意味でも、データ収集という意味でも、論文作成に協力してくれる企業が見つかればいいんですけどね。

2006/01/29(日) 09:42:48 [MBA・勉強]

いま一番楽しい授業は、選択科目を決める時に悩んで悩んで選んだCorporate Financeです。もっとも、正確には楽しいのは授業ではなくグループでワイワイ騒ぎながらケースを解いている時です。

私達のグループは次の6人。
日本人K        弁護士(企業法務)
アメリカ人J       エンジニア-土木設計
香港人D        バンカー
シンガポール人D  エンジニア-半導体
キプロス人A     投資アナリスト
日本人(私)      エンジニア-土木現場監督

ファイナンスの経験があるのは香港人Dとキプロス人A。風来坊のAはめったに顔を出さないので、香港人バンカーDが理論的支柱です。このグループをグイグイと引っ張るのはアメリカ人J。あまりにエナジェティックで初めは私も面食らいましたが、とてもいい奴です。彼は「うぉ~! フぁ~ンタぁスティぃク」てな具合に常に奇声を上げています。

Valuation.jpg
「これはバイブルだぜ、メイト」 Jの影響で買ってしまいました。McKINSEY&Co.の"Valuation"、確かに有名な本なのですが。

2006/01/28(土) 12:31:00 [未分類]

20060128023004.jpg
いまさらですが、ラストサムライ

先日、今学期のグループのメンバーであるキプロス人AdamがラストサムライのDVDを貸してくれた。彼に対しては少しシニカルで変わり者のイメージを持っていたが、付き合ってみると悪い奴ではなさそうである。彼はアウトグループには無関心だが、イングループ(仲間内)には至って親切で、

A 「ラストサムライは観たか?」
私 「いや、観てない。」
A 「それは良くない。お前もサムライを観た方が良い。」

ということでDVDを借りる事になり、今晩になってようやく妻と一緒に観る事になったわけである。

映画の感想は「う~ん」
可もなく不可もなくといった所か。

トムクルーズ、渡辺謙、真田広之、小雪の演技は良かったし、映像もきれいだったと思うのだが、日本人の目から見るとストーリーの根底にある「武士道」の描き方が浅薄で、なぜ政府お雇いのトムクルーズが渡辺謙のサムライ軍に惹かれていったのか納得できなかった。

こんなんだったら中途半端に精神性をテーマにせず、ハリウッド映画の得意技で迫力満点の娯楽映画を作ったほうがいいような気が。

さてAdamにはなんて言って返そうかな。Inazo Nitobeを読めとでも言ってやるか。

2006/01/26(木) 13:26:21 [MBA・勉強]

今学期が始まってまだ10日位しか経ってませんが、すでにグロッキーです。先学期の終盤に陥った、夜遅くまで(朝早くまで?)勉強して授業中に寝るというパターンに早くもはまってしまいました。

日々の授業の予習に加えて、グループ単位でのレポート提出やプレゼンテーションが多い事が睡眠不足の原因。昔よりは早くなったとはいえ、まだまだ英語を読むのも遅いので何をするにも時間がかかります。しかも読み終えたら既に内容を忘れてたりなんかして、イヤになります。

ここ数日はファイナンスのケースに格闘中だったのですが、今朝の授業でプレゼンも終わったので、今日は昼過ぎに帰ってきて寝てしまいました。おかげで今日は早起き!、今は朝の3時です。何やってんだろ。

ケンブリッジのMBAは楽だって聞いてたんですけどね。

2006/01/22(日) 08:55:59 [生活]

IMG_0816.jpg
ロックハウス付近のケム川

青く晴れわたった気持ちの良い一日でした。

昼は晴天のもと妻とすずとで散歩、どういう訳か今日のすずは私達の言う事をきかない悪い子でした。投げてやったボールを持って帰ってこなかったり、他の犬を追いかけて遠い所に行ってしまったり。最近は良く言う事をきいてたんですけどね。

午後はカレッジのジムに行ってergo(ローイングマシン)で2kmのタイムを計測、運動不足だったので息が上がってふらふらになってしまった。イメージとしては800m走をしたような感じ。マシンを相手に果ててみたり、寒いのに朝も暗いうちから起きて川に出たり、ローイングをしている人はきっとマゾヒストなんだと思う。

夕方からはD君ラクダさん一家、ロンドンから駆けつけたT君夫妻と和食レストランTeri-AkiでD君の送別会第一弾(という趣旨だったと思う)を開きました。2年強のケンブリッジでの研究生活おつかれさん。そのうち第二弾を企画することにしよう。

2006/01/20(金) 07:53:14 [MBA・勉強]

International Businessの授業が始まった。

この科目は前半と後半で講師が変わるのだが、前半は「試験勉強で覚えた事は3日で忘れるが、ケーススタディで扱った事はいつまでも覚えている」との講師の経験から、前半50%の成績はすべてケースのプレゼンで評価される。ということで、毎回数チームずつプレゼンをするのですが、授業初日の今日も2チームが発表しました。

何も勉強していないうちからプレゼンさせられて可哀想だなぁと思っていたのですが、ニュージーランド人CallumのチームのForeign Direct Investment(FDI:海外直接投資)に関するプレゼンはショッキングでした。力強い言葉、適度なユーモア、洗練されたスライド、クリエーティブな内容、すごい奴がいるもんだと思いました。講師も「こんなプレゼンをされたら、自分の出る幕がないじゃないか」と言ってました。

スライドのソフトコピーもらって参考にしよう。卒業後に頼んだら高くつきそうだし。
せこい。

2006/01/19(木) 09:39:29 [MBA・勉強]

Major Consulting Project(MCP)のチーム作りとプロジェクト選びが終わりました。MCPでは3月の半ばから約1ヶ月の予定で、実際の企業に対してコンサルティングを行います。対象企業はメーカー、コンサル、銀行、国際機関など多岐にわたっており、誰でも知ってるような大企業も多く含まれています。我々のチームはコンサルティングファームのプロジェクトをする事に決定。チームメンバーは、ギリシャ人、スペイン人、インド人2人と私の5人です。

MCPのチーム作りは学生に任されていたのですが、いろんな理由からかなり混乱がありました。
-冬休みから試験期間にかけてチーム作りが行われたので、周りの動きが見えなかった
-同じ文化圏の学生で固まる傾向があり、メンバーの多様性を求めていた人には不満が残った
-実施されるプロジェクトの確定が遅すぎた(まだ確定していない?)
-チーム作りの為にオンラインコミュニティが用意されたが、現実は裏で動いた

でも今日massaさんと話したことは
-情報の不透明さや駆引きは実社会の常であり、誰も綺麗に段取りはしてくれない
-チーム作りは単に、昨年9月以降に築いた交友関係と個々の持っているスキルに基づいて行われただけで、それ以上でもそれ以下でもない

とにかく、なんとか決まりました。プロジェクトはクライアントと話をしてスコープをもう少し詰めなければいけませんが、メンバーはみんな良い奴なので3月が楽しみです。

2006/01/17(火) 09:42:41 [土木]

昔のネタ、シンガポールの地下鉄について。

シンガポール地下鉄(MRT)のラッフルズプレイス駅とシティホール駅の間はちょっと変わっています。

南北線(赤)、東西線(緑)ともにこの2駅に停車し、どちらの駅でもプラットホームを横切るだけで互いへの乗換えが可能なのですが、
例えばラッフルズプレイスからシティホールまで東西線で行くとすると、乗車時は南北線が同じプラットホームの右側に見えるのに対し、シティホールに着くとプラットホームの左側に来ています。

説明下手ですが、わかりますか?

つまりこの2駅では電車は同じ平面上にあるのですが、2駅間でトンネルが立体的にねじれた構造になっています。

つまりになっていないですか?

理由は下図の通りで、南北線と東西線をこの2駅間で交差させながら、双方の駅で同じプラットホーム上での乗換えを可能にするためにこういう設計になっています。

珍しいと思うのですが、あまり知られていないかもしれません。

singapore-map.gif
これをみれば分かるかと EW13NS25-City Hall & EW14NS26-Raffles Place

2006/01/15(日) 07:42:34 [MBA・勉強]

試験が終わったので今日は家族でのんびり過ごしました。昼近くまで寝過ごした後は、犬の散歩に行ったり、家でワインを飲んだり。

さて来週の月曜日からLent Termの授業が始まります。3月中旬までまた忙しい毎日です。それでもストレスは感じていないようで、昔はひどかった肩こりもイギリスに来てからはほとんどありません。

今学期の授業です。
- Strategy
- International Business
- Managing Information System and System Dynamics
- Operation Management and Accounting
- Elective (私はCorporate Financeを選択)
先学期の科目よりも楽しそう。

ちなみに先学期の受講科目は、
- Economics
- Management Analysis: Data,Decision and Risk
- Organisational Behaviour
- Management Practice
- Marketing
- Accounting and Finance
(- Entrepreneurship Consulting Project)

また新しい始まりです。学生生活って、何度も新たな気持ちになれるし、何と言ってもメリハリがあるのが良いです。

2006/01/14(土) 09:40:25 [MBA・勉強]

試験が終わりました。今日はOrganisational BehaviourとMarketingの2科目で、両方ともエッセイタイプの試験でした。書きたい事は書いたのですが、筆の遅い私は分量を書けなかったので、成績については???です。何はともあれ、終わってホッとしました。

夜は、ストップオーバーでロンドンに立ち寄った上司と上司の旧友のイギリス人の3人でトテナム・コート・ロード駅の近くの割烹菊池で食事。あちこちのプロジェクトの話をしたり私の留学後の話をちょこっとしたりもしましたが、一番良くしゃべっていたのは上司の友達。還暦になろうというのに元気なおっさんでした。すぐに酔っ払ってしまったので何とも言えませんが、味は前回連れて行ってもらった出船の方がうまかったような気がします。

あと、おみやげで焼酎を頂きました。家に帰ってから気づいたのですが、袋の中には焼酎だけではなく妻の好物のバウムクーヘンンとグミが。妻、大喜び。重ね重ねありがとうございます。
IMG_0739.jpg
手ぶらで行った私は妻にあきれられました

2006/01/12(木) 06:32:31 [MBA・勉強]

アカウンティングとファイナンスの試験が終わりました。時間が足りなかったので、そんなに良くできた訳ではありませんが、この6日間の試験準備過程には満足しています。テキストを読み込んだおかげでファイナンスに対する理解が学期中に比べて格段に向上しました。来週からのケース中心のCorporate Financeコースに繋げたいと思います。

これから、金曜日にあるOrganisational BehaviourとMarketingの試験準備です。あと1日、私の好きな言葉!、根拠のない精神性!、「気合い」を入れてがんばります。

2006/01/11(水) 08:37:14 [MBA・勉強]

昨日、学校でクラスメート達と試験勉強をしていた時に、何気なく「この春に会社法が改正されたら日本でもM&Aがもっと増えるんでしょうね」という話をしたら、「そうですね、会社法が・・・・」。

そうだ、Hさんて会社法が専門の弁護士だったんだ。夕方、家に帰ってメールをチェックすると、「会社法の現代化におけるM&A関連の主要な改正事項」というタイトルのスライドが届いていた。以前にセミナー用に作成したスライドらしいが、なんか同級生のプロフェッショナルとしての一面を見たような気がした。皆さん学校を一歩出ると(出なくても良いが)、自分の専門分野に関して高い見識を持ってらっしゃるので、今のうちに何でも話を聞いておこうと思う。

*合併対価の柔軟化の部分はライブドア事件なんかがあって、来年春に先送りになったそうです。

2006/01/08(日) 08:46:25 [MBA・勉強]

何にするか悩んでいた選択科目ですが、Corporate Finance(続)を取ることに決めました。ファイナンスの理論やモデリングに対する理解を深めたいと思っています。

以前に書いたように、今学期は4つの選択肢の中からひとつを選ばなければならず、関心のある科目を捨てざるを得なかったのは残念でした。例えばPeople Management(Human Resource Mamagement)は先学期のOrganisational Behaviourでその内容に多少触れたとはいえ、ぜひ履修したかった科目のひとつです。聴講だけでもしてやろうかと企んでいますが、たぶんそんな余裕はないでしょう。来学期はさらに忙しくなりそうだし。この辺りの制約は1年制プログラムのつらい所なのかもしれません。

学生時代は試験前になるとなぜか本を読みたくなる事の多かった、現実逃避型の私ですが、今回はその気も起きないくらい切羽詰っているみたいです。はぁ~。

20060108025646.jpg
やっと出番が回ってきました-昔撮ったセントジョンズカレッジ内の「ため息の橋」

2006/01/05(木) 08:20:04 [生活]

元旦に引き続いて、この2日間は新年会が立て続きました。

昨日はケンブリッジにある和食レストランTeriakiでEAP(英語コース)とMBAを通して知り合った人達との新年会がありました。会は昼過ぎに始まったのですが、途中で店を変えてはまた飲み続けて、家に帰った時はもう日付が変わっていました。楽しい時間を過ごすことができたのですが、いつまでも帰ろうとしない亭主に呆れて途中で帰った奥様方は家でやきもきされたことでしょう。

今日は学生時代の同級生D君一家を拙宅に招待しての新年会。ビール、ワイン、ポルト酒を飲みながら妻の料理を食べた(うまかったと思う)後、最後の締めはD君の奥様の手作りクッキーを頂いた。「このサクサクとした食感、ほんのり甘いきな粉の香り」、海原雄山をも唸らせるクッキーでした。それにしても感心したのは何も遊び道具の無い我が家で何時間も遊び続けられるお子さん達の創造力です。子供はすごいなぁと思いました。

楽しかった正月も今日まで。明日からは1週間後にある試験の準備を始めます。

2006/01/03(火) 08:26:57 [未分類]

毎年正月には「今年の目標を」と思うのですが、仕事に忙殺されたり記録する手段がなかったりで、実際に目標を立てた事は一度もありません、というか立てたかどうかも覚えてません。でも今年は時間とブログがあるので長年の夢が叶いました。

現時点で既に留学の目的およびサブ目標がゴロゴロあってこれ以上増やすのは現実的でないので、目標と言うより気持ちの持ち方として「もっと前向きに行動する」ことを意識するようにしたいと思います。というのも我が家の千代とこれまでの自分の行動を振り返ってみて、前向きでない為に損(金銭的な意味ではありません)してきた事が少なくないのでは、という事になったからです。30代も半ばにさしかかってから染み付いた癖を直すのは難しそう。のろまな夫を持つと妻も大変です。

20060103042521.jpg
もうひとりの問題児 どこからか現れた犬にボールを取られて半泣きのすず

2006/01/02(月) 09:39:01 [生活]

あけましておめでとうございます。

私達は久しぶりに比較的のんびりした年末年始を送っています。ゆく年くる年を観る事を大晦日の常としている私としては、日本のテレビ番組を見ることができないのは残念でしたが、その代わりに年越し蕎麦を食べた後で、とあるBARでのカウントダウンパーティーに行ってきました。今日は妻の実家から頂いた鏡餅を飾ったり、友達を呼んで昆布巻きや雑煮を食べながら元旦を過ごしました。

2006年が皆さんにとっても私達にとっても良い年でありますように。今年もよろしくお願いします。

20060102041441.jpg
戌年ということで2006年の幕開けはこの顔で

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。