--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/18(日) 07:15:01 [旅行]

20051219004411.jpg
おなじみサグラダ・ファミリア教会

格安航空会社easyJetの早朝便でバルセロナにやってきました。空は快晴、ケンブリッジほど寒くもなく気持ちの良い朝でした。

ホテルで一休みしてからさっそくサグラダ・ファミリアへ。第一印象は「なんじゃ、これは」。ガウディが生涯を捧げた作品としてあまりに有名なサグラダ・ファミリア教会は、でかい図体でありながらも細部が実に複雑で写実的なのでした。この教会、着工以来120年以上経った現在でも建設が続けられており、資材の揚重作業のためのターワクレーンが6基も据えられていました。塔(上の写真)の裏のところでは柱の鉄筋を組んだりコンクリートを打ったりしてるんですよ。

若いものには負けるまいと、リフトを使わず70mくらい(?)歩いて登ったのですが、下まで戻ってくると私は筋肉疲労で、妻は高所恐怖症で脚がガクガクでした。

夜はクラスメートのアメリカ人Noelleに紹介してもらったバルセロナ在住の日本人女性と食事をしました。なんてことのないワインバーでタパスをつまんだのですが、何を食べてもとにかくうまかった。ご当地情報を聞いたり、互いの生活の話などをして楽しく過ごさせて頂きました。おかげさまで妻も私もほろ酔い状態、満ち足りた気分でバルセロナ初日を終えました。
スポンサーサイト

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。