--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/10/30(日) 05:14:33 [プロジェクト]

channel_tunnel_s.gif

BBCのサイトにユーロトンネルのファイナンスに関する記事が出ていました。経営難のユーロトンネルが銀行団に対して借入金の2/3の債権放棄を願い出ている件で、ユーロトンネル側が来年1月前の決着にのぞみを持っているというもの。もともとはこの10月に解決しなければ倒産しちゃうよという話だったのですが、やはり銀行側との交渉が思うように進んでいないようです。で、この借入金の2/3がいくらかと言うと、なんと40億ポンド(8000億円)という莫大な金額なのです。

ユーロトンネルはChannel Tunnel(英仏海峡トンネル)を運営する民間事業会社で、トンネルの建設および維持管理を行っています。1986年に事業を受注した2社(イギリスのChannel Tunnel GroupとフランスのFrance-Manche)が統合して誕生したのが始まりです。工事は1987年に着工し、1990年に英仏両サイドから掘り進められたトンネルが貫通、1994年に開通となりました。

1_flags2_203.jpg
トンネル貫通! 私がこの場にいたら、泣いちゃってたと思います

ファイナンス面では、事業開始時の1987年に60億ポンドの資金調達(約20%が出資金、残りが借入による)した後も、膨れ上がる工事費用をまかなうために何度か追加調達をしています。ユーロトンネルの2003年の経営状況を見ると、1億7千万ポンドの営業利益を出しているのですが、銀行などからの借入金に対する利払いが3億ポンドもあり営業利益を大きく上回っています。経営努力でどうこうなるレンジの損失ではなく、確かに事ここに至っては借金帳消しをお願いするしかないでしょう。今までもったのが不思議なくらいです。でも、なんでこんなになっちゃったんでしょうか、せっかくなのでざっと調べてみました。

[膨らむ建設費用]
当初建設予算が45億ポンドであったのに対して、終わってみると100億ポンドに倍増しています。実質的にはこれがすべて。ユーロトンネルは建設工事をTML(ヨーロッパの建設会社からなる大コンソーシアム)に発注しているが、両者間の工事契約がどういうわけかTMLに有利になっています。事業リスクがユーロトンネル側に移転されており、実際にトンネル掘削費用の大幅増加や駅舎設計変更によるコスト増をユーロトンネルが引き受けています。この出費によりユーロトンネルは1994年の供用開始時点で既に多額の借入れを負う事になり、それが財務状況をここまで厳しいものにしています。したたかな建設会社連合がユーロトンネルを食い物にしたといったところでしょうか。

[甘い需要予測]
旅客輸送-年間予測1600万人に対して、630万人(2003年実績)
貨物輸送-年間予測700万トンに対して、170万トン(2003年実績)
日本でもおなじみですが、これだけ違うと予測というより希望という言葉を使ったほうがいいんじゃないかと思えるくらい楽観的な予測です。また、単価面でもフェリーや格安航空会社との価格競争の激化がネガティブに働いています。
ちなみに、鉄道輸送に関してはユーロスターという別の会社が経営しており、輸送量にみあったフィーをユーロトンネルに支払う仕組みになっています。

この問題これからどのように推移するのでしょうか。債権放棄を求められている銀行団は全部で206、日本の銀行のシェアは35%にものぼるそうです。
スポンサーサイト

2005/10/30(日) 02:04:58 []

CIMG0175.jpg
つかれたね

朝からJohnがやって来た。Johnって誰かというと、我々がすずの訓練を依頼した犬の訓練士で、今日が訓練初日だったのだ。妻のトレーニングのおかげですずに特に大きな問題がある訳ではなかったが、気になる点がいくつかあったし、私達の訓練のカウンターチェックという意味でもプロに来てもらうことにしたのだ。インターネットで探した結果みつかったのが、その名もBark Busters。比較的大きな会社で、イギリス全土のみならず、オーストラリア、ニュージーランド、日本などでも営業している。Johnはケンブリッジ近辺を担当しているBark Bustersの隊員なのだ。

訓練の内容については、営業妨害に当たる可能性があるのでここには書けませんが、基本的には妻のやってきた事は間違ってなかったようです。1歳半のジャックラッセルテリアにしては良く言うことを聞くし、本気かお世辞か、Johnも「俺がここにくる必要はないじゃないか」と言ってました。近いうちに安心してノーリードで散歩に行ける様な犬になってくれたらいいなと思っています。彼の人柄も含めてサービスにはとても満足しており、またしばらく訓練を続けてから来てもらおうと思っています。

2005/10/29(土) 02:34:15 [未分類]

日本人同級生とゴルフに行って来ました。イギリスに来てから初めてのゴルフです。

Cambridge Lakes Golf Courseはパー3、9ホールのパブリックコースで、Judge Business Schoolから自転車で5分くらいの所にあります。ワンラウンド6ポンド(1200円程度)なので、あまり期待はしていなかったのですが、芝の手入れが行き届いており、コンディションは申し分ありませんでした。午前中に雨が降っていたにもかかわらず足元もしっかりしていたので、排水も悪くないようです。ゴルフをされる方には気軽に行けるコースとしてお薦めです。次は妻と一緒に回ろうと思います。と前振りをしたところで、本題に。実は11月の終わりに土木関係の方とハットフィールドにゴルフに行く予定にしています。週末まで家を留守にするのは心苦しいのですが、ネットワーキングも留学の一部ということで、どうかお許しを。

2005/10/28(金) 10:53:03 [ケンブリッジ]

DSC00037.jpg
まるい教会 ラウンドチャーチ

ここ数年、世界各地で天災や異常気象が続いていますが、今年はイギリスでも異常気象らしい。何が異常かと言うと、とても天気がいいのです。我々が8月に渡英してからというもの、何日も雨が降り続いて陰鬱な気分になったという事はありません。ここ数日間も日本の秋晴れのような天気で、クラスメートのイギリス人によると、今日なんかこの時期の気温としては観測史上最高(23度くらい)ということです。なんかついてるなぁと思って聞いていたら、代わりにこの冬はかなり冷え込むということでした。

イギリスは緯度で言うとサハリンと同じくらいの所にあります。ただメキシコ暖流(Gulf Stream)のおかげで寒さはさほど厳しくありません。東京より少し寒い程度かと思います。我々にとっては5年ぶりの冬、すずには初めての冬になります。お手柔らかに願いたいですが、少し待ち遠しい気もします。季節があるってやっぱりいいですね。

2005/10/27(木) 06:42:17 [MBA・勉強]

CIMG0205.jpg
鏡を見せると顔をそむけるすず、犬と人との間でもがいているのかね

今日は水曜日、Management Practiceのある日です。毎回「むむっ」と思わせる内容があると同時に、私の弱い部分をぐさぐさと刺してくるトピックもあったりで、とても楽しみにしている授業のひとつです。

今日は授業の終わりのほうにBoundary Managementという言葉が出てきました。以前に上司の言葉として「問題はいつもインタフェースで起きる」という考えを紹介しました。私も自分の経験を通して、この見解は社会で起きる問題の構造をかなり的確にとらえていると感じていましたし、インターフェースをマネージすることがマネジメントだとさえ考えていました。私と相手、土木屋と機械屋、土と岩(?)、現場と本社、アジア人とヨーロッパ人などなど、利害、Assumptions、性質、思考、文化などの異なる両者の間にギャップがあるのは考えてみれば当たり前のことで、均質なものの中からではなく異質なものとのはざまで問題が発生する事もまた当然のことかもしれません。私はこういった考えを勝手に「間学」と呼んでいたのですが、授業でいきなりBoundary Managementという概念が出てきたので、なんか素直にうれしく思いました。

授業では、前々回にハイデガーに触れたのに続き、今日はフロイトやメルロポンティが登場しました。なんか哲学や認知学と経営学のはざまを彷徨っている感じです。

2005/10/26(水) 08:04:25 [イギリス]

8月にケンブリッジに来た時、犬連れだったのでなかなか家が決まりませんでした。イギリスは犬に優しい国という思い込みが良くなかったのですが、とにかく苦労しました。

この頃に毎日妻とすずとでケンブリッジ市内を歩き回っていて思ったのはケンブリッジってどこに行っても-ton、-ton、-ton。Trumpington、Milton、Cherry Hinton、Histon、Huntingdon、Barton・・・
ずっと気にかかっていたのですが、先日調べてみた所、-tonはアングロ=サクソン系で「農園」という意味だそうです。同様に-buryは「城壁」を、-hamは「家庭」を意味します。一方、-chesterはラテン語系で「ローマ軍の駐屯地」のことだそうです。Chester、Manchester、Granchesterなどは昔はローマ軍が駐屯していたということでしょう。Edingburgh、Middlesbroughの-burghや-broughはHamburgの-burg「都市」と同源かと思われます。詳しく調べていませんが、他にもいろいろあるんだと思います。ちなみに私達の家はChesterton Roadの近くです。駐屯地のあとに農園にでもなったんでしょうか?

2005/10/24(月) 06:44:45 []

散歩中に柴犬とおぼしき犬を発見した。ぶくぶくと太って柴犬の精悍さこそ全くないものの、あの姿・立ち振舞いは柴犬に違いないということで、近づいて聞いてみるとやっぱり柴犬でした。10歳のメス犬で、飼い主である友達がフランスに行っている間だけ預かっているとの事。

アメリカで人気があるのは聞いていましたが、ケンブリッジで柴犬に会えるとは。しかしいくら茶色だからってGingerっていう名前はないだろ。

行くよ、しょうが。
しょうが、お手。

2005/10/23(日) 06:36:43 [MBA・勉強]

ミルレーン近辺のケム川
ミルレーン近辺のケム川

今週も盛りだくさんでつかれました、ふぅ。

新たにMarketingとOrganisational Behaviour(組織論)の2科目が開講すること、AT Kearneyというコンサルティング会社主催のビジネスコンペの準備、金曜日のManagement Analysisの試験準備で週初めから気持ちに余裕がなかったのですが、今週を終えてみての感想は、
「俺でも大丈夫やん。」

この一ケ月の授業から判断する限り、
・MBAの授業は決して難解ではない。ただ作業量は多い。
・忙しいことには慣れており、なんとかマネージできそう。
・理数系の得意な日本人にとって、統計やファイナンスを学ぶのに大きな問題はない。
・講師も学生に評価されるため、学生の理解度に注意を払っている。

あっぷあっぷの状況に変わりはないですが、「何やってるかわからん」という訳ではないし、なんとかやってけそうな感じです。むしろ課題は、コミュニケーションやプレゼンテーションなどのソフトスキルとクラスに対して何が貢献できるかという所にあります。今日もプレゼンテーションのトレーニングがあったのですが、こっちの方が授業よりよっぽど厄介です。

とりあえず今週も良くがんばりました。来週はご褒美にゴルフに行くことにします。


2005/10/22(土) 08:17:19 [ケンブリッジ]

ケンブリッジは大学の町であると共にベンチャービジネスへの投資がヨーロッパで最も活発な地域でもあります。ケンブリッジ周辺は、カリフォルニアのSilicon Valleyとの対比でSilicon Fenと呼ばれており、IT、Bio-tech、Nano-Techなどのハイテク産業の一大集積地となっています。これは大学の科学・工学面での強力なバックグラウンドを求心力に多くの企業が研究開発施設を構えているためであり、大学からのSpin-offも含めて数多くのベンチャー企業が生まれてはまた消えていきます。ベンチャービジネスのダイナミズムを体感するには格好の場所ではないかと思います。大学サイドからもトリニティカレッジ設立のScience Park(1970)、セントジョンズカレッジ設立のInnovation Centre(1987)がCambridge Phenomenaと呼ばれるハイテク産業の急速な成長に貢献しています。

これ以外にもケンブリッジ大学では、Institute for Manufacturing(IfM)、Cambridge University Technology and Enterprise Club(CUTEC)、Cambridge-MIT Institute(CMI)、Cambridge Environmental Initiative(CEI)などの学際的研究施設が社会的にインパクトのある技術を創造すべく活動しています。こういった利点を活用するか否かは、もちろん個々の取り組み次第ではあるのですが、我々Judge Business Schoolの学生も各プログラムが提供するセミナーに参加する機会は数多くあり、私のようなローテク産業出身者にとっても非常に刺激的な環境です。

この歴史ある町から生み出される技術と知恵が、ビジネスの活性化だけではなく、我々の抱える問題の解決と将来にわたるサステイナブルデベロップメントに貢献できることを願っています。

2005/10/21(金) 07:18:51 [ケンブリッジ]

レンライブラリー
ぷーさんの実家? トリニティーカレッジのレンライブラリー

私達が住んでいるケンブリッジの町と歴史について少し書いてみます。
ケンブリッジは歴史ある大学の町としてあまりに有名です。ロンドンの北80kmに位置するケンブリッジは、古い町並みと緑が調和した美しい町で、町の中心を流れるケム川が町をさらに魅力あるものにしています。12万人の住民のうち約1万5千人が学生です。

もともとは13世紀初頭にオックスフォードで学究生活を送っていたケンブリッジ出身の学者達が、住民と大学との度重なる衝突(Town and Gown Dispute)に嫌気をさして故郷ケンブリッジに帰郷したのが大学の起源だと言われています。ただしケンブリッジの町は大学の設立よりずっと以前にローマ人によって建設されており、交通の要所として栄えていたようです。昔の日本の川と同じくケム川も舟運が盛んで、水路と陸路の交差点に位置するケンブリッジは大陸との貿易中継地として繁栄していました。これは鉄道網が整備され始めた19世紀まで続いたようです。この間、ケンブリッジは支配者をローマ人、アングロ=サクソン人、デンマーク人、ノルマン人と変えながらも発展を続けています。

一方の大学も1284年に最初のカレッジがイーリー司教によって創られて以降、司教や王室などにより次々とカレッジが創られ、現在では31に落ち着いています。その800年の歴史のなかで、ケンブリッジ大学は60人を超えるノーベル賞受賞者をはじめ多くの人材を輩出し続けており、おそらく社会の発展に最も貢献した大学と言えるのではないかと思います。引力発見のニュートン、進化論のダーウィン、経済学のケインズ、DNA二重らせん構造発見のワトソンとクリック、くまのぷーさんのミルンなどなど数えればきりがありません。

ちなみに大学は最近まで完全に男性社会であり、女性が初めて入学が認められたのが第2次大戦後まもなくのこと、超Conservativeなモードリンカレッジに至っては、1988年になって初めて女子学生を受け入れたそうです。またここでは科学、哲学、歴史学などの純粋学問が重視されてきたのに対し、お金もうけに対する嫌悪感からか経営学などの実学に対する取り組みはまだ日が浅く、Judge Business Schoolが1990年代に入って初めて創立されたのも例外ではないように思います。

次回はその遅れを取り戻してあまりある、現在のケンブリッジのビジネス環境について書いてみます。

2005/10/20(木) 05:02:14 []

DSC00032.jpg
ベッドで眠るすず

近所の動物病院ですずの予防接種を受けてきました

いつものようにすずをバッグに入れて妻と共に自転車をとばすこと5分、Arbury Road沿いにあるArbury Road Veterinary Surgeryはこじんまりとした病院でした。診てもらったのは物腰がやわらかで毒っ気の全くない、何というか皇族のような先生でした。すずは相変わらず診察台の上でビビリまくっており、注射器を見て「ウぅ~」と唸っていましたが、特に問題なく接種完了。予想よりも随分安く、8種混合ワクチンを打ってもらって33ポンド(約6600円)とリーズナブルな値段でした。日本だと1万円前後が相場のようです。

今回は作りませんでしたが、EU圏内を検疫なしで旅行できるペットパスポートも35ポンドで作ってくれると言ってました。飛行機はめんどくさそうですが、チャンネルトンネルを通ってフランスに行く位なら気軽にできそうです。

すずは体重が200グラム増えて5.2キロになり、いい感じの体型になってきました。ちなみに、わたしもボートを始めたせいか、80キロを切りました。ちょこっとうれしいです。

2005/10/17(月) 06:33:57 [未分類]

妻が英語を習い始めて1週間が経った。ケンブリッジにあるAPUという大学のEFL(English for Foreign Language)コースに通っている。1日4時間X週5日(うち1日はSocial Program)が10週間続くというからかなりの集中レッスンである。

今のところ文法、語彙力、ヒヤリングではまだ負けないが、会話の発音となると既に妻の英語のほうがきれいである。音痴の私なんぞ、音感、リズム感に優る妻にそのうち完全に追い抜かれるかもしれない。いや、絶対に抜かれる。だいたいモーツアルトが妻の子守唄だったのに対し、私はいつも田んぼの蛙の鳴き声を聞きながら眠りに就いていたのだ。環境は大事です。

それにしてもケンブリッジ大学出身となるからには心技体ともその名に恥じないようになりたいものです。英語も然り。ラグビーじゃないけど「ケーゾク」です。

2005/10/14(金) 06:55:19 [MBA・勉強]

CIMG0325.jpg
Trumpington Street (ケンブリッジ市内)

今週の授業も金曜日を残すのみとなりました。うれし~。

授業の難易度はともかく、英語の本を毎晩50ページ以上予習するのは日本人にとっては拷問に近いものがあります。「俺達のかせいだ金で学生生活を楽しみやがって」と思っている会社の人達に「こんなに頑張ってんだぞ」と言いたいところです。間違いなく大学入試の時より勉強してます。ただ10代の頃と違って頭は随分固くなっているようで、頭の老化(髪はまだあります)以外にも、しばしば経験が感性を阻害しているように感じます。受講しているManagement Practiceという科目では「無意識下での情報の取捨選択」や「勝手な思い込み」などを扱っているのですが、こういった悪癖はコレステロールのようなもので気を付けないと歳と共にどんどん積もっていきます。

このManagement Practiceという授業では「グループの中の自分」や「自分と他人の間」について勉強します。とても興味深い授業ですが、実になるまでには手間暇がかかりそうな気がします。

2005/10/13(木) 07:25:08 [生活]

カレッジのホール
カレッジのホール

今日は私の所属するWolfson Collegeで入学歓迎晩餐会がありました。

カレッジ制度というのは、ケンブリッジとオックスフォードに特有のもので(ダラムにもあるのかな?)、学部が勉強の面倒をみるのに対してカレッジは学生の生活の面倒をみることになっています。ケンブリッジには31のカレッジがあり、それぞれのカレッジが宿舎や食堂、スポーツ施設などを持っています。専門外の学生と会える、比較的安く食事ができるという意味で魅力的な場所ではありますが、カレッジ外にアパートを借りている私としては立ち寄る機会はあまりなさそうです。

それでも入学や卒業など肝心なことはカレッジを通して行われ、先日もカレッジで旅館の宿帳みないなものにサインをして晴れて入学となりました(大学全体の入学式はありません)。古いだけあって奇妙なしきたりや言葉遣いが多く、例えば今日は「ガウンを着てマトリキュレーション(入学)ディナーに参加し、ドラの音のあとに学長が「ベネディクト・・・」とラテン語を話すのを聞いてきた」わけです。ほんとハリーポッターの世界ですが、学長によるとWolfsonは最も進歩的なカレッジということです。

これで私は生涯ウォルフソンカレッジのメンバーになるわけですが、イギリス人学部生達にとってはどのカレッジ卒業かということも重要なようです。ちなみにチャールズ皇太子は名門トリニティーカレッジの卒業生でニュートンの300年後輩にあたります。

2005/10/11(火) 15:40:51 [ボート・ゴルフ・スポーツ]

この忙しいのに、ボート部に入ってしまいました。

ケンブリッジに来たからにはラグビーかローイング(ボート)をやろうと思っていましたが、大学4年間のアメフトのせいで減少した脳細胞をこれ以上減らすのは得策ではないと考え(もういい歳だし)、所属しているWolfson Collegeのボート部に入ることに。

今日は朝7:00からケム川に行って、同じく初心者の学生達と初めてボートを漕ぎました。ローイングは8人の漕ぎ手にcoxと呼ばれるガイドを含めた9人でやります。ほとんどが初心者だったのですが、我々のボートは「初めてとは思えない」と言われるくらい快調で、朝一番ということもあって気持ちよく漕げました。

練習は週2回程度なのですが、問題は勉強と両立できるかということで、またまた睡眠時間が減りそうです。なんとか卒業まで続けることが出来ればいいのですが。

2005/10/02(日) 06:39:04 [生活]

Riverside Brasserie
ケム川沿いのレストラン-Riverside Brasserie

今日は妻の??回目の誕生日でした。運良く土曜日で授業がなかったので、ケム川沿いにあるホテルCambridge Garden Moat House内のレストランRiverside Brasserieでランチをとることにしました。2人とも白・赤のグラスワイン、海老のサラダ、ステーキ、カプチーノで腹いっぱいになり満足。味もそこそこおいしかったと思います。勘定時に飲み物代がまったくチャージされていないのに気付き、正直者の私は「ワイン飲んだんだけど入ってないよ。」と教えてあげたのでした。後でレシートを確認すると赤ワインのみチャージされており、またもや白ワインとカプチーノは請求漏れ。テーブルの上にワイングラス4つとコーヒーカップが2つあっただろ・・・本当にこのあたりいい加減です。私としては告知義務は果たしたので少なくとも道義上は食い逃げにはあたるまいと信じています。

またディナーは、日本人クラスメートで愛妻家のy-46さんを見習い、5年の沈黙を破って私が直々に妻の好物の赤飯とけんちん汁を作ることに。入手が懸念された小豆もTescoでゲットして、いざ調理開始。が、小豆のふたを開けてみると、粒がデカイ。小豆というより赤色おお豆といった感じで、よくラベルを見るとRed Kidney Beanと書いてある・・・失敗。さらに、もち米のことを忘れていたため、粘り気のない赤色おお豆入りライスになってしまった。それでもゴマと塩をふればそれなりの味になるもので、妻はおいしいと言って喜んで食べてくれました。一方のけんちん汁のほうも作り方をまったく見ずに作ったら、豚肉入り味噌汁になってしまい、またガックリ。やはり5年のブランクは大きかった。というか昔も料理うまかった訳でもないし、いざ気合いを入れるとオイスターソース風-モロヘイヤ入りカレーなど怪しい料理を創ってひんしゅくを買っていたような。

赤色おお豆入りライスと豚肉入り味噌汁なんぞで祝って申し訳ないけど、誕生日おめでとう。

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。