--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/09/30(金) 22:42:44 [イギリス]

イギリスでは、10月1日付けで時間当たりの最低賃金が4.85ポンドから5.05ポンドに改正されるそうです。低所得者層の救済が目的のようですが、この最低賃金を円換算すると、1ポンド=200円として1,010円。東京都の最低賃金(都道府県によって違う)が700円程度であるのに比べるとほぼ4割増しです。2006年には6ポンドにまで上げるそうです。それでも不思議なことに、イギリス人の平均所得は日本の世帯あたりの平均年間所得580万円の8割程度しかありません。これは低所得者の比率が多いためで、製造業の競争力を削いでまで賃上げを実施するのは、支持率が低下している労働党政権の人気回復策ではないかと勘ぐってしまいました。

こっちのマクドナルドでセットを注文すると優に1,000円以上掛かります。Economist Intelligence Unitの出している生計費指数(ニューヨーク=100)はロンドン-120、大阪-122、東京-135とロンドンより東京のほうが物価が高いらしいのですが、実際に生活しているとケンブリッジですら東京より高く感じます。高い労働力のせいでこれ以上物価が上がらなければいいのですが。
スポンサーサイト

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。